月山天狗森

岡 三男  


 




 

 

  緻密でクールな
彫琢的な風景表現
 

 

岡三男さんのモットーは、
まず自然界が持つ色彩の透明感と重厚さを
ペインティングナイフで追求し、ユニークな描法で表現する事。
 
1969年の東京での第1回個展以来、団体展にはまったく関与しないこと。その甲斐あって、他でも例を見ない緻密でクールな彫琢的ともいえる密度の濃い画面が形成されている。
 
自然な現場に臨んで、直撃を受けた感動を画面に凝縮して今迄の絵画様式にとらわれない純粋な風景観を打ち出している。

 

(美術評論家 : 長谷川栄) 
  Art Journa 
  2003.Oct Vol.38掲載記事より

 

 

このホームページに展示されている絵画・画像は、すべて
岡三男、岡孝子の著作物であり、無断での転載、無断での使用などを禁止します。


Copyright (C) SINCE 2004- net gallery Oka All Rights Reserved.